• ホーム
  • 趾間型水虫になってしまったときの対処法とは?

趾間型水虫になってしまったときの対処法とは?

2019年10月16日

水虫といえば多くの方がイメージするのが趾間型水虫、何しろ足の指と指の間といえば汗が溜まりやすい場所なのです。ならないためには自宅に帰ってからのフットケアをする際に、そこも忘れずに綺麗に洗ってあげるしかありません。普段から指と指とがくっつきあうことのないように5本指靴下を履くのも効果的です。

とはいえもしも発症してしまったら、他の水虫と同様に抗真菌薬を使って治療に専念しましょう。趾間型水虫もクリームタイプを使うことが多いはず、何しろぱっくりと割れてしまった患部にはローションタイプは刺激が強すぎたりもします。数ヶ月の治療期間を頑張っていれば、かゆみの症状も治まり徐々にきれいになっていくはずです。

角質増殖型が乾燥型と呼ばれるなら、趾間型水虫は湿潤型に属します。指のまたの部分がジュクジュクとしてくるのです。とはいえ突然にジュクジュクになるわけではなく、まず初めは足の指の間の皮膚が赤くなるのです。むずむずとしたかゆみの症状を伴うので、どうしても掻き毟ってしまうでしょう。そのうちに白くふやけて皮がむけてきますが、そうなると特にかゆみはひどくなります。そして掻き毟った結果、ただれて液が出てきてぐちゅぐちゅになるというわけです。乾燥型よりも湿潤型の方がかゆい分日常生活への影響が出やすく不便かもしれません。おもいっきり掻き毟りたくとも、革靴やブーツを履いているとそれを脱いでというわけにもいかず、仕事中にも気になって仕方の無いことでしょう。ただ、かゆみがあるからこそ早くに病院に行く方も多く早期発見早期治療で治療期間が短くなるといったメリットはあります。できればグジュグジュになる前の初期段階・指の間が赤くなった辺りで気付いて治療を行いたいものです。

抗真菌薬を塗っているとかゆみは徐々に収まってきます。でもそれは白癬菌が活動を緩めたに過ぎずまだ潜伏はしているのです。強い症状が無くなったのでもう大丈夫と自己判断してしまい、再発する確率が高いのも趾間型水虫の特徴です。でもそれは完治とは言えないのだということを知って、きちんと最後まで治療するようにしましょう。完治後も足の指の間は高温多湿環境になりやすい場所なのですから、またならないためにきちんときれいに洗うようにしてください。5本指靴下は趾間型水虫対策にばっちりのアイテム、最近では可愛らしいデザインのものも多くなっていますから普段の生活にぜひ取り入れるようにしましょう。

関連記事
小水疱型水虫の症状と対策とは?

足の裏や縁に小さな水泡や膿泡が出来て、これが小水疱型水虫です。小水疱と言いますが、通常は2ミリから3ミリ程度なものの時にはより大きくなってしまうこともあるのです。水ぶくれは強いかゆみの症状を伴います。通常、水虫のかゆみというとむずがゆいというのを想像するかもしれませんが、小水疱型水虫は激しいかゆみな...

2019年09月30日
角質増殖型水虫はクリームタイプの治療薬を使いましょう!

角質増殖型水虫こそ、水虫の症状としての認知度が少なく自覚なし患者の多い病気と言えるでしょう。ただ、ザラザラになって落ちた角質は足拭きマットはもちろんのこと、床の様々な所に落ちていますから不特定多数の人に移りやすい病気と言えます。かゆみなどの不快な症状は少なくとも水虫であることを自覚して、適切な治療を...

2019年10月31日
水虫治療薬として使われるニゾラールの効果とは?

水虫治療薬、ラミシールも人気ですがニゾラールが使われることもあります。ニゾラールの方は有効成分がケトコナゾール、これが抗真菌作用を持ち使用することで真菌の細胞膜生成を防いでくれるので効果が得られるというわけです。ニゾラールの方にもクリームタイプがあり、そしてローションタイプもあります。錠剤もあるので...

2019年09月10日
ラミシールを使って水虫を撃退しましょう!

皮膚科に行った際に、水虫に感染していることが確定したら処方してもらえる抗真菌薬、ラミシールであることが多いです。ラミシールは有効成分をテルビナフィンとする薬で、クリームタイプと外用液・外用スプレーそして錠剤とがあるのです。何しろ様々なところに感染する水虫の白癬菌ですから、症状や患部に合わせて剤形がお...

2019年08月23日
痒くない?自覚症状のない水虫とは

水虫といえばかゆみを伴うもの、そういったイメージしか持っていない方は要注意です。なぜなら自身が感染していることに気が付かないままに症状を悪化させて行き、周りにも広げていってしまうからです。自身で自覚しているなら、病院に行くのは恥ずかしいとしても市販薬を付けるようにしたり共同浴場を控えたりと行動に現れ...

2019年08月12日